新事業所設立記念「公差設計コラム」

2名の講師の長い設計経験に基づいたコラムを2023年12月から8回に渡って掲載します。


   
第1回 公差設計は、どの設計ステージから実施すべきか?
   ~新モデル(未知の新規設計要素がある製品)における公差設計プロセスについて考えてみよう~



   
第2回 公差設計&幾何公差(GD&T)が目指すものとは
   ~「公差を意識する、考える(設計する)」とは、技術者にとってどのようなメリット(影響)があるか~


    第3回 公差の最適化は、どのようにしていくべきか?
   ~新モデル(道の新規設計要素がある製品)における公差の最適化について考えてみよう~




   第4回 図面の3D化(3DAモデル※1 適用)におけるGD&T※2 の重要性について 
      掲載予定2024年3月末

   ※1:3D Annotated Models (3D製品情報付加モデル)
              ※2:Geometric Dimensioning and Tolerancing (幾何的寸法許容差設定および表示法:日本規格協会訳)




    第5回 順次掲載予定




    第6回 順次掲載予定




    第7回 順次掲載予定




    第8回 順次掲載予定




      上記記事を閲覧するためのIDとパスワードは、弊社からのメール配信登録をされている
    お客様へ、「PLANER-NEWS」のメールでお送りしております。
    閲覧をご希望の方は、TOPページ下部のお問合せフォームより、
    弊社からのメール配信希望の旨をご連絡頂きますよう、お願いします。